TOEIC900点は「実は大したことがない」という話 | Pharma Lab

TOEIC900点は「実は大したことがない」という話

English
この記事を書いた人

オンライン薬局の開発・運営をするYOJO Technologiesで薬剤師兼エンジニアとして働いています。Rails・React・TypeScriptなどを書きます。英語が得意でTOEIC900点・通訳案内士資格取得。ブログのメインテーマは薬剤師の働き方やプログラミング、英語学習ですが、その時に書きたいなと思ったことも書いています。
>> 詳しいプロフィール

Tomoyuki Katoをフォローする

 

「TOEIC900点はすごい」

こういったイメージを持っている人がけっこういる。

 

しかし、実はTOEIC900点を取っても英語がすごくできるようになるわけではない。

これはTOEIC900点を取ったことのある僕が言うのだから、まず間違いなく事実だ。(自分で言っていて悲しいけど)

 

なので、この記事では「TOEIC900点はそんなに大したことがないんだよ」という話をしつつ、「TOEIC900点はどんな人が目指すべきなのか」について、僕の考えを書いてみようと思う。

 

TOEIC900点はどれくらいすごくないのか

 

冒頭にも書いた通り、TOEIC900点は大したことがない。

具体的にどのように大したことないのかというと以下の通りである。

 

ぜんぜん英語を話せるようにならない

TOEIC900点にまつわるよくある勘違いが

「TOEIC900点を持っている人は英語がペラペラ」

というものだ。

 

しかし、残念ながらTOEIC900点を取っても、英語をペラペラ話せるようにはならない。

僕はTOEIC900点に到達したとき「TOEIC900点を取っても、こんなにも英語を話せないものなのか」とがっかりしたくらいである。

 

僕の場合は、簡単な道案内ですら、英語でスラスラ話すことができなかった。

それくらいスピーキング力が壊滅的だったのである。

 

ちなみに、なぜTOEIC900点を取っても英語を話せるようにならないかというと理由は簡単だ。

 

TOEICはリスニング力とリーディング力を測る試験なので、TOEIC対策をする過程で英語を話すトレーニングをしていないからである。

 

英語を話せるようになるには、TOEICとは別に英会話の練習をしないといけないのだ。

 

ネット上では「TOEIC900点を取れれば英語がペラペラになる」という嘘をついている人がよくいるので、騙されないように注意してほしい。

 

リスニング・リーディングを十分にできない

TOEIC900点を取ってもリスニング・リーディングを十分にできるようになったという感覚を得られることはない。

 

なぜかというと、TOEICの範囲外になると途端に分からなくなってしまうからだ。

 

例えば、海外ドラマを字幕なしで理解するのは無理である。

なんなら字幕があっても、TOEICでなじみのない単語が使われていることが多いので、内容を理解できなかったりする。

 

「TOEIC900点を取れば海外ドラマの内容も分かるようになる」と書かれているネット記事を見かけることがあるけど、あれは100%ウソなので注意してほしい。(英語学習系のネット記事は、嘘が書かれていることが多々あるのだ)

 

繰り返しになるが、TOEIC900点は世間で言われるほどすごくはないのだ。

 

TOEIC900点はどんな人が目指すべきなのか

 

ここまで読み進めて「TOEIC900点を取っても英語がめっちゃできるようになるわけでもないのに、TOEIC900点を目指す意味ってあるの?」と思ったかもしれない。

 

では、どういう人がTOEIC900点を目指すべきなのだろうか。

 

TOEIC900点は転職・昇進目的の人にはおすすめ

TOEIC900点を取ると転職や昇進で有利に働きやすいので、転職・昇進をするためにTOEIC900点を目指すのはとてもおすすめだ。

 

TOEICのスコアを採用の要件に入れている企業は意外と多い。

例えば、楽天やファーストリテーリング(ユニクロ)は、TOEICのスコアが一定レベル以上でないと採用してもらえなかったりする。

 

けど、TOEIC900点を持っていれば、そういった足切りに引っかかることはほぼないだろう。

 

昇進・昇格に関しても、TOEICのスコアが高いと有利に働きやすい。

 

少し前のデータではあるが、TOEICスコアを昇進・昇格の要件にしている・または将来そうする可能性があると回答している上場企業は60%もある

 

TOEIC900点はTOEIC受験者の上位3%にあたる。

社内の昇進・昇格要件はほぼクリアできるだろう。

 

社会人がTOEIC900点を取るための勉強ロードマップ
社会人になってからTOEIC900点&語学系唯一の国家資格 通訳案内士を取得した筆者が勉強法を解説します。

 

英語をできるようになりたい人はTOEIC800点くらいを目指すべし

転職を有利に進めたり・昇進したいというより、「自分は英語をできるようになりたいんだ」という人は800点を取れたらTOEICを卒業するのがおすすめだ。

 

というのも、TOEIC800点もあれば英語の基礎力は十分あると言えるからだ。

 

僕の感覚だと、TOEIC800点台とTOEIC900点台の違いはTOEIC慣れしているどうかの差しかなくて、英語力に関してはそこまで違いはない。

 

そのためTOEIC800点を取ったら、”英会話”や”英字新聞を読む”といったTOEICの範囲外の勉強をするのがおすすめだ。

その方がトータルの英語力を伸ばすことができる。

 

まとめ

まとめると、TOEIC900点を取るのがおすすめなのは、転職・昇進などでTOEICのスコアをアピールしたい人だ。

 

純粋に英語力を上げたいという人は、TOEIC800点を取ったら、TOEIC以外の英語学習を始めたよう。

その方がトータルの英語力を上げることができるはずだ。

 

英語が苦手な社会人でもそこそこ英語ができるようにようになる勉強法
TOEIC900点&通訳案内士資格を持つ筆者が英語をできるようになりたい社会人向けの勉強法を徹底解説します
タイトルとURLをコピーしました