両国に1年半くらい住んでいたので感想を書く | Pharma Lab

両国に1年半くらい住んでいたので感想を書く

LIFE
この記事を書いた人

PharmaXというオンライン薬局のスタートアップで薬剤師・エンジニアとして働いています。Rails・React・TypeScriptなどを書きます。英語が得意でTOEIC900点・通訳案内士資格取得。主に薬剤師の働き方やプログラミング、英語学習について書きます。
>> 詳しいプロフィール

Tomoyuki Katoをフォローする

 

結婚を機に僕は浅草から両国へ引っ越した。

 

なぜ両国へ引っ越したかというと、妻の職場が千葉で僕の職場が四谷だったので、千葉と四谷をつないでいる総武線沿いで交通の便もそこそこ良くて家賃もほどよく安いところを探した結果、全体的なバランスが良かったのが両国だったからだ。

 

子供が生まれたこともあって今は千葉の新浦安に住んでいるのだけど、1年半くらい両国に住んでいたので、せっかくだし両国に住んでみた感想を書いておこうと思う。

 

結論から言うと

  • 一人暮らしの人
  • 新婚の人

には住みやすい地域だと僕は考えている。

 

一方、小さい子どもがいるファミリー層には微妙かなぁというのが正直な感想である。

 

ちなみに僕が住んでいたのは、最寄駅は両国だけど正確には墨田区の緑一丁目というところだ。

 

なので、これから書く感想は両国と呼ばれる地域の中でも、墨田区の緑一丁目あたりに住んでいた時の感想であることを最初に断っておく。

 

両国の良いところ

両国国技館

 

では両国の良いところについて書いていく。

 

治安が良くて静か

この辺りは閑静な住宅街で、とにかく静かだ。

 

僕は両国に住む前は浅草という夜中でもうるさい賑やかな地域に住んでいたので、両国へ引っ越してきた時、静かすぎて驚いた記憶がある。

 

墨田区は東京23区の中でも下から数えた方が早いくらい治安が悪いことで有名だ。

しかし墨田区出身の妻いわく、両国地域の中でも緑に関しては治安が良くて住みやすいことで知られているらしい。

 

実際、危険な思いをしたことは全くなかったので、両国周辺への引っ越しを考えているのであれば緑はけっこう良い選択肢になるのではないかと思う。

 

交通の便が良い

僕が住んでいた緑という地域はJR、都営大江戸線、都営新宿線の3路線を使えるので交通の便がとても良かった。

 

「東京のxxxで待ち合わせしましょう」という話になっても、たいていの場所はそこまで面倒な思いをすることなく待ち合わせ場所へ行ける。

 

駅前に飲食店・ドラッグストア・コンビニが立ち並んでいて便利

 

JR両国駅周辺には飲食店やドラッグストア、コンビニが立ち並んでいる。

仕事帰りにさっと買い物をして帰れるので、駅前がそこそこ充実しているのは個人的にとても助かった。

 

余談ではあるが、この駅前にあるクリエイトエス・ディーというドラッグストアは僕が新卒で入った会社でもある。

 

「もしかしたら元同期の誰かがいたりして」と何気なくのぞいてみたら、本当に元同期が働いていて衝撃だった。

陰キャ属性の僕は元同期を見かけて以来、ここのドラッグストアにはいっさい寄り付かなくなったのは言うまでもない。

 

散歩が楽しい

両国エリアは散歩をするのもけっこう楽しい。

安田庭園、隅田川、大横川親水公園、両国国技館周辺は、週末になるとよく妻と一緒に歩いていた。

 

特に安田庭園と隅田川はおすすめなので、ぜひ散歩してみてほしい。

 

安田庭園

安田庭園

 

隅田川

隅田川

 

ちなみに両国からは、浅草や蔵前といった人気の観光スポットへも行きやすい。

この辺りはご飯も美味しいので、たまには少し足を伸ばしてみるのもおすすめだ。

 

東京の割には家賃が安い

参考:ホームメイト

あと重要なのは家賃の安さだ。

両国のある墨田区は23区の中でもかなり安い部類に入る。(ちなみに1番高いのは千代田区で13万5千円らしい)

 

交通の便もそこそこ良くて治安も良くて、それなりに散歩するのも楽しいので、これくらいの家賃相場であればなかなかコスパは良いのではないかと思っている。

 

両国の微妙だったところ

 

次に両国の微妙だったところについて書く。

総武線が混む

両国に引っ越してから通勤に総武線を使おうと思っている人は、総武線の混雑を覚悟しておいた方が良い。

 

混雑のピークである7:30〜9:00くらいの間は、車掌さんが乗客を押し込んでいることもしばしばあるくらい混んでいる。(とは言っても、秋葉原でたくさん人が降りるので辛いのは2駅くらいだが)

 

幸いにも僕の場合はリモート勤務かつ出社することがあってもピーク時間を過ぎていたのでそこまで困らなかったけど、毎日あの激混みトレインで出社するとなるとかなりしんどいと思う。

 

スーパーやファミレス、大きい公園がかなり少ない

両国エリアは大きいスーパーが少なく、個人経営の小さなスーパー?がポツポツある感じだ。

 

僕が住んでいた緑という地域には、幸いにも徒歩10分圏内にライフという大きいスーパーがあったので良かったけど、商品ラインナップが充実したスーパーが本当に少ない。

 

両国エリアに住むのであれば、引っ越す前に近くにちゃんとしたスーパーがあるかはちゃんと確認しておくことをおすすめしたい。

 

またチェーンのファミレスも少ない。

おそらく駅前にあるサイゼリヤくらいな気がする。

 

あと広々とした公園も少ないように思う。

小さい子どもがいると、遊ばせる場所に困るんじゃないだろうか。

 

ちゃんこのコスパが良くない

引っ越しの条件に『ちゃんこが美味しいかどうか』を考慮する人なんていないと思うけど、両国といったらちゃんこ、ちゃんこといったら両国なので軽く触れておきたい。

 

結論から言うと、「ちゃんこは非常にコスパが悪いな」と思った。

おそらく両国では一生ちゃんこを食べることはない気がしている。

 

というのも、両国エリアの中でも有名なお店に食べに行ったのだが、味はまずくはないもののすごく美味しいわけでもなく、観光地価格過ぎて満足度が非常に低かったからである。

家で鍋をやった方が美味しくて安いというのが正直な感想だ。

 

このあたりの飲食店だと『両国テラス』、『モンブラン森下店』、『つけ麺屋 ごんろく』がぶっちぎりで美味しいので、外食するのであればそちらをおすすめしたい。

両国テラスカフェ (両国/カフェ)
★★★☆☆3.37 ■旧安田庭園に隣接した自然を感じる隠れ家ダイニングで季節を楽しむくつろぎ時間 ■予算(夜):¥4,000~¥4,999
モンブラン 森下店 (森下/ハンバーグ)
★★★☆☆3.49 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999
つけ麺屋 ごんろく 両国店 (両国/つけ麺)
★★★☆☆3.49 ■深夜4時まで営業!自家製太麺と豚骨魚介の、不動の人気を誇る両国のつけ麺店!! ■予算(夜):~¥999

 

終わりに

小さい子どもがいるファミリー層以外であれば、両国はけっこう良い地域だと思う。

参考になれば嬉しい。

 

ちなみに住む家を探す際は、iettyというアプリがおすすめだ。

AIが条件に合わせて候補の家を絞ってくれる上、内見の予約までアプリ上で完結できる。

 

iettyについてはこちらの記事にまとめたので、興味があればこちらもどうぞ。

【感想】ietty(イエッティ)を使った引っ越しが楽すぎる件
ずっと「引っ越そう」と思いつつも、引っ越すのが面倒すぎてなかなかできていなかったのですが、この前ようやく引っ越しをしました。 その時にietty(イエッティ)というオンライン接客型の不動産屋さんを使ったのですが、とにか
タイトルとURLをコピーしました