TOEICと英会話どっちの勉強を優先するべきか | Pharma Lab

TOEICと英会話どっちの勉強を優先するべきか

English
この記事を書いた人

オンライン薬局の開発・運営をするYOJO Technologiesで薬剤師兼エンジニアとして働いています。Rails・React・TypeScriptなどを書きます。英語が得意でTOEIC900点・通訳案内士資格取得。ブログのメインテーマは薬剤師の働き方やプログラミング、英語学習ですが、その時に書きたいなと思ったことも書いています。
>> 詳しいプロフィール

Tomoyuki Katoをフォローする

 

TOEICと英会話の勉強はどっちを優先してやるべきか。

これは英語学習者がよく悩んでいる問題の1つだ。

 

結論から言うと「TOEICの勉強を優先した方が良い」と僕は考えている。

TOEICである程度のスコアを取れるようになってから英会話の勉強をした方が圧倒的に効率が良いからである。

 

この記事ではなぜ英会話よりもTOEICの勉強を優先した方が良いかについて詳しくまとめた。

 

僕はTOEIC900点や通訳案内士という国家資格を持っているので、ある程度は英語学習に関する知見がある。

 

なので、多少は参考になるはずだ。

 

英会話よりTOEICの勉強を優先すべき理由

 

なぜ英会話よりTOEICの勉強を優先すべきかというと、TOEICができない人は英会話もできないからである。

 

TOEICをできない人が英会話をするのは難しい

TOEICはリスニング力とリーディング力を測る試験だ。

そのため「英会話をするのに、TOEICの勉強なんてする必要あるんだっけ?」という疑問が出てくるわけである。

 

繰り返しになるが、TOEICをできない人が英会話をするのは難しい。

 

少し想像してみてほしいのだが、リスニング力とリーディング力が低い人が、相手の言っていることを分かるだろうか?

 

おそらく理解できないはずだ。

つまりTOEICをできないということは、会話をする相手が言っていることを理解できないということなのである。

 

TOEIC対策としての英会話はあまり意味がない

よくTOEIC対策として英会話を勧める記事がネット上に転がっているが、以上のような理由から英会話がTOEIC対策になるということはほぼないと言って良い。

 

なぜかというと、TOEICをできない人は英会話をできないからだ。

TOEICをできない人がいくら英会話を頑張ったところで、英会話力はたいして伸びないのである。

 

そのため「TOEIC対策として英会話がおすすめ」と言っている人がいたら、その人の勉強ノウハウは少し疑った方が良いだろう。

 

TOEIC対策をするのであれば、素直にTOEICの参考書で勉強するべきだ。

 

英会話をできるようになりたい人ほどTOEICの勉強をしよう

「英会話をできるようになりたいからTOEICの勉強はしない」という話をよく聞く。

 

しかし、それは逆に遠回りになっているように思う。

確かにTOEICの勉強をしても英語を話せるようにはならないのだけど、TOEIC以上に英語の基礎力を身につけるのに良い試験はない。

 

英会話をできるようになりたい人ほど、TOEIC受験を通してまずは英語の基礎を身につけることをおすすめしたい。

 

どうしてもTOEICを受験したくないのなら別に構わないが、「最短距離で英会話力を上げたいんだ」という人には、TOEIC受験を強くオススメしたい

 

英会話の勉強はTOEIC600点を超えてから始めるのがおすすめ

 

ではTOEICのスコアがどれくらいだったら、英会話の勉強を始めても良いだろうか。

結論から言うと、最低でもTOEIC600点を取れるくらいのレベルになってから英会話の勉強を始めた方が良い。

 

TOEIC600点あると英会話力が伸びやすい

なぜTOEIC600点を取ってから英会話の勉強をするべきかというと、最低限これくらいのリスニング・リーディング力がないと英会話をするのが難しいからだ。

 

僕の経験上、相手の話す英語の意味がギリギリ分かるのがTOEC600点くらいである。

なので、これを下回ると相手が言っていることがよく分からず、そもそも英会話をするのが難しいと思う。

 

英会話をできるようになりたいなら、まずは英語の基礎をちゃんと身につけよう。

英語の基礎がある程度身についてきたというラインがTOEIC600点なのだ。

 

TOEIC600点を超えてからもTOEICの勉強を続けるのがおすすめ

TOEIC600点を超えたら英会話の勉強を始めても問題ないが、個人的にはTOEIC800点を最終ゴールとして勉強を続けることをおすすめしたい。

 

というのも、TOEIC600点でも「相手の言っていることをまだまだちゃんと理解する力が不足しているな」と感じることが多いからだ。

 

最低でもTOEIC600点を取れるまではTOEICの勉強に専念し、TOEIC600点以上になったらTOEICと英会話の勉強を並行してやるのが個人的にはおすすめである。

 

TOEICの効果的な勉強法については以下の記事に詳しくまとめたので、ぜひ参考にしてほしい。

社会人がTOEIC900点を取るための勉強ロードマップ
社会人になってからTOEIC900点&語学系唯一の国家資格 通訳案内士を取得した筆者が勉強法を解説します。

 

英会話の勉強はTOEIC S&Wまたはオンライン英会話がおすすめ

英会話のおすすめ勉強法は大きく分けて2つある。

それが「TOEIC S&W」と「オンライン英会話」だ。

 

TOEIC S&Wがおすすめの人

TOEIC S&Wはスピーキングとライティングのテストだ。(スピーキングテストだけの受験もできる)

特に自分のスピーキング能力を客観的に評価してもらいたい人におすすめしたい。

 

特にビジネスパーソンには良いんじゃないかと思う。

履歴書にスコアを書けるので、転職時にアピールできるなどメリットが大きい。

 

オンライン英会話がおすすめの人

オンライン英会話は、楽しく英会話したい人おすすめだ。

今は月額数千円払うだけで毎日英会話のレッスンを受けられる。

 

まとめ

TOEIC600点未満であれば、まずはTOEICの勉強をするのがおすすめだ。

 

英会話はTOEIC600点を超えてから始めよう。

その方が効率的に英会話力を伸ばせるはずだ。

タイトルとURLをコピーしました