薬剤師免許を活かせる薬剤師以外の仕事には何があるか調べてみた

WORK

 

「薬剤師免許を活かせる薬剤師以外の仕事って何があるんだろう?」

 

確かに気になりますよね。

 

ずっと薬剤師をやるのもマンネリ化するし、薬剤師免許を活かせる薬剤師以外の仕事に興味が出てくる気持ちはよく分かります。

 

そこでこの記事では

  • 薬剤師免許を活かせる薬剤師以外の仕事の紹介
  • 薬剤師以外の仕事を探す方法
  • 薬剤師以外の仕事を探すときの注意点

についてまとめてみました。

 

実は僕も薬剤師として働いているので、薬剤師以外の仕事にとても興味がありました。

なので、調べた結果を薬剤師の仲間に共有できたらなと。

 

では本題へ!

 

薬剤師免許を活かせる薬剤師以外の仕事

 

薬剤師免許を活かせる薬剤師以外の仕事、意外と色々ありました。

 

ちなみに、すべて薬剤師転職サイトで検索したものです。

それでは、さっそく紹介ていきます。

 

1:MR

 

まずMRです。

 

ただ、コントラクトMRですね。

普通のMRは中途の採用を抑えているっぽいです。

 

コントラクトMRとは、簡単にいうと派遣のMRのこと

 

CSOと呼ばれる製薬会社へMRを派遣したり、医薬品の営業・マーケティング活動のアウトソーシングサービスなど提供を行っている企業に属しています。

 

派遣MRと聞くと非正規と思われがちですが、CSOの正社員なので一般的な派遣労働者ではありません。

 

普通のMRと違うのは、複数の製薬会社で働けることでしょう。

ときどき環境を変えながら働きたい薬剤師には良い選択肢なのではないでしょうか?

 

2:CRA(臨床開発モニター)

 

CRAは、簡単にいうと治験のモニタリングをする仕事です。

 

治験はGCP(Good Clinical Practice)・薬事法というルールの遵守や、治験実施計画書にそって進めなければいけません。

 

これらに則って治験が適正に行われているかを監視するのがCRAというわけですね。

 

ちなみに、CRO(開発業務受託機関)というワードも聞いたことがあると思いますが、CRAはCROに属して働いています。

 

3:CRC(治験コーディネーター)

 

CRCは、治験がスムーズに行われるようにする仕事です。

 

主な仕事としては

  • 治験のスケジュール管理
  • 被験者への治験内容の説明
  • 資料の作成

などですね。

 

要するに、治験のサポート役みたいなイメージかなと。

 

CRAに比べると、年収は低めみたいですね。

求人情報を見る限りだと、薬剤師免許を活かすという観点からも、CRAの方が良さそうな感じがします。

 

4:メディカルライター

 

メディカルライターは、名前の通り、医療や健康に関する記事を専門的に執筆する仕事。

 

たとえば、医療系の学術資料は、とても難しい言葉で書かれていることが多いです。

 

そこで、メディカルライターが分かりやすくまとめて適切な形で情報を発信するというわけですね。

 

薬の専門家である薬剤師は薬の情報に強いので、メディカルライターとして働く際、大きな強みとなるでしょう。

 

この求人のメディカルライターは、情報発信以外にも「学術資料の翻訳」や「海外学会発表の取材」など、幅広く仕事をするみたいですね。

 

今の時代だと、インターネット上で自分が書いた記事を発表し、多くの人に読んでもらうことも可能です。

 

ネットで話題になり名前が売れれば、独立して働くという道も開けるんじゃないんかなと。

そういった意味で、伸びシロがけっこうある職種な気がします。

 

5:Webメディアの運営

 

スマートフォンの登場により、常にインターネットにつながるようになりました。

その影響もあってか、Webメディア運営の仕事でも薬剤師免許を活かせます。

 

たとえば、市販薬などの通販を行うWebサイトの場合、お客さんから薬に関する問い合わせがくることも珍しくありません。

 

そのため、インターネット通販の会社でも、薬の専門家である薬剤師を雇う必要があるというわけです

 

僕が見つけた求人では、「お客さんからの問い合わせ対応」や「サイト内の商品説明の修正」、「商品の管理」などがメインの業務となるみたいですね。

 

インターネット系の会社で経験を積めば、Webメディア運営のノウハウを学べるので副業でお金を稼ぎやすいし、何より将来的に独立もしやすいです。

 

そういった意味で、薬剤師としてインターネット系の会社で働くのは、選択肢としてかなり有望だと思います。

 

6:薬事

 

薬剤師免許を持っていれば、薬事の仕事も可能できます。

当然ながら、医薬品や医療機器は誰でも好き勝手に販売して良いわけではありません。

 

医薬品・医療機器を販売するには、国からの許可が必要となってきます。

この販売許可を得るための仕事が、薬事関連の仕事というわけです

 

珍しい仕事ではあるが、薬剤師免許を活かすことができるので、調剤や投薬から離れたい薬剤師にとっては良い選択肢となるんじゃないかなと。

 

7:予備校講師

 

薬剤師国家経験対策の予備校講師の仕事もありました。

教えることが好きな人には良いかもしれないですね。

 

僕が今回見つけた求人は、パート・アルバイトでの募集だったのですが、薬剤師をやりながら予備校講師をやってみて「自分にピッタリな仕事だな」と思うようであれば、予備校業界に思い切って転職してしまうのもアリなんじゃないかなと。

 

8:コンタクトレンズの製造販売

 

そのほかの変わった仕事としては、コンタクレンズの製造販売の求人を見かけました。

 

「原料の検査」や「データ分析」、「品質管理」などがメインの業務みたいです。

ざっくり言うと、コンタクトレンズをちゃんと作れているかチェックする仕事ですね。

 

年収の上限が650万円。

意外と高いです。

 

薬剤師免許を活かせる品質管理の系の仕事は意外と多いので、選択肢の1つとして考えておくのは良いかもしれません。

 

薬剤師以外の仕事の探し方

薬剤師以外の仕事の探し方ですが、転職サイトのコンサルタントに「薬剤師免許を活かせる薬剤師以外の仕事ってないですかね?」みたいな感じで尋ねるのがもっとも簡単かつ楽だと思います。

 

薬剤師としての転職なら1つの転職サイトに登録するだけでOKなんですけど、薬剤師以外の仕事は求人数が少ないので、複数の転職サイトに登録した方がより良い仕事が見つかりやすいんじゃないかなと。

 

僕は今までに

の3つを使ったことがあります。

 

これら3つはまともな転職サイトだったので、薬剤師以外の仕事に興味があるなら相談してみてください。

 

ちなみに無料で相談できます

 

薬剤師以外の仕事をしたい場合の注意点

 

最後に、薬剤師以外の仕事をしたい場合の注意点について。

今回、薬剤師以外の仕事について調査してみて僕が思ったことは3点あります。

 

注意点1:薬剤師職に比べると求人数が少ない

まず、薬剤師以外の仕事は求人数が少ないです。

僕が検索した時は、全部で165件しかありませんでした。(薬剤師は数千単位である)

 

 

薬剤師職であれば求人がたくさんあるので、労働条件などを比較検討しやすいです。

 

しかし、薬剤師以外の仕事を選ぶとなると、そもそも求人数が少ないので、多少は労働条件を妥協しなければならない可能性が少なからずある気がします

 

注意点2:経験者が優遇される可能性が高い

どんな仕事にも言えることですが、中途採用の場合は基本的に経験者が優遇されます

 

転職の候補者が複数いるようであれば、未経験者は不利になりやすいです。

この事実は、あらかじめ頭の片隅においておきましょう。

 

どうしても「薬剤師を辞めたいけど、薬剤師の資格を活かして仕事をしたい」という場合は、転職コンサルタントに相談するのがオススメです。

 

ちなみに、どのサイトも無料で相談できます。

 

注意点3:年収が下がる可能性がある

ぶっちゃけた話、年収だけを考えると、ドラッグストアや薬局勤務の方が高年収を狙いやすいと思います

 

もともとの年収が低いなら話は別ですが、基本的には薬局またはドラッグストアで働いた方が稼げるという認識でいた方が良いでしょう。

 

ただ、お金よりも仕事内容の方が大事という人も多いと思うので、比較検討してみて「この年収なら満足!という求人だったら就職・転職をすればOK」と考えておくのが良いかなと。

 

まとめ

以上、薬剤師免許を活かせる薬剤師以外の仕事でした。

意外とたくさんあるので、興味があれば転職サイトのスタッフさんに相談してみてください。

 

無料で相談できます。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

タイトルとURLをコピーしました