MacBookで使える発熱しないUSBハブをようやく見つけた….!!!

LIFE

 

現行のMacBookはUSB-C端子が2つしかついていないため、USB-A端子のガジェットを接続したり、MacBookに接続したい機器が多いと、どうしてもハブが必要になってきます。

 

しかし、USBハブはとにかく発熱しやすい。

僕は今までにいくつかUSBハブを買ったのですが、中には火傷するくらい熱くなる商品もあります。

 

「発熱しにくいUSBハブがほしい…!!」

 

そんな思いから今までにいくつかUSBハブを買ったのですが、やっと見つかったのでこの記事でシェアしたいと思います。

 

AnkerのUSBハブが発熱しなくておすすめ

 

今回、僕が買ったのは『PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ』です。

 

 

【スペック】
・USB-Aポート×2
・USB-Cポート×2
・HDMIポート
・microSD
・SD

 

なんでこれを選んだかというとAnker製だから。

 

今まで値段重視でよく分からないメーカーのUSBハブを買っていたので、ちゃんとしたメーカーのものを買おうと思ったわけです。

 

レビューには「発熱が気になる」みたいなことが書かれていたのですが、僕はそんなに気になりませんでした。

 

少なくとも今まで買ったUSBハブのような火傷するレベルの発熱しなかったです。

 

ほんのり温かくなるくらいですね。

「USBハブが発熱して嫌だなぁ」と思っている方は、これを買っておきましょう。

 

 

発熱しないUSBハブはどうやって選べば良いか

 

最後に発熱しないUSBハブの見分け方について。

 

今までに4つほどUSBハブを買ってきたのですが、発熱するUSBハブにはいくつか共通点があるなと思ったので、僕が思ったことを簡単に共有しておきます。

 

値段が安い

5000円以下で買えるUSBハブは、僕の経験上かなり発熱しすいです。

 

特に3000円アラウンドの価格帯はやばいですね。

 

最初に買ったUSBハブは3000円くらいとその次に買ったUSBハブは3500円くらいだったのですが、しばらくすると熱くなりすぎて触れないレベルでした。

 

じゃあ「4500円くらいのやつならどうだろう」と買ってみたのですが、これもダメでした。

触れないくらい熱くなる。

 

そんなわけで6000円くらいのUSBハブを買ったら、ようやく熱くならないUSBハブに出会えたというわけです。

 

悪いことは言わないので、最初から少し高めのUSBハブを買っておきましょう。

値段を基準に選んでしまうと、安物買いの銭失いになります。

 

よく分からんメーカーが作っている

もしかしたら、そこまで有名じゃないメーカーでもちゃんとしたUSBハブを作っているのかもしれません。

 

ですが、少なくとも僕が今まで買ってきた火傷するレベルで発熱するUSBハブは、すべてよく分からないメーカーが作っていました。

 

なので、「このメーカー、名前は聞いたことある!」くらいのメーカーから買うと少しは安心できるんじゃないかなと思います。

 

僕の場合はそれが『Anker』でした。

 

僕はAnker製のイヤホンや携帯用充電器を購入したことがあって、そのクオリティにはとても満足していました。

 

なので、「USBハブもAnker製なら発熱しないんじゃないか」と思ったわけです。

 

結果的に発熱は気にならなかったので大満足でした

ブランドは大事。

 

まとめ

発熱しないUSBハブは『PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ』がオススメです。

 

これは今のところ火傷するレベルで発熱したりしていません。

安心して使えています。

 

 

これ以外のUSBハブを買うにしても、

・5000円以下のものは買わない

・そこそこ有名なメーカーを選ぶ

を徹底すれば発熱するUSBハブを避けられるのではないかと思います。

 

参考になれば幸いです。

では。

タイトルとURLをコピーしました