「新卒1年目の薬剤師が会社をすぐに辞めても大丈夫か」への回答

WORK

 

この前、TwitterでこんなDMをもらいました。

 

 

新卒の薬剤師をやっているものです。

けど、今の薬局が合わなくてすでに辞めたくなっています。

 

すぐに会社を辞めちゃっても大丈夫でしょうか?

それとも数年は働き続けるべきでしょうか?

 

本当に悩んでいるのでアドバイスをいただけると嬉しいです

 

僕も新卒1年目で「この会社、マジか。。。」と思ったことがあるので、その気持ちはよく分かります。

 

一般的に「3年は働かないとダメだよ」とか言われたりするので悩みますよね。

 

そこでこの記事では、

  • 新卒1年目の薬剤師がすぐに会社を辞めても大丈夫か?

についてまとめてみました。

 

けっきょく僕は2年弱くらい新卒で入った会社で働いたのですが、新卒1年目で辞めた薬剤師の友人が何人かいるので、その人たちを見ていて思ったことを交えつつ、僕なりの意見を書いていきます。

 

では本題へ!

 

新卒1年目の薬剤師がすぐに会社を辞めるメリット・デメリット

 

結論から言うと、新卒の薬剤師がすぐに会社を辞めるのは、メリット・デメリットがあります。

 

なので、

「新卒で入った会社をすぐに辞めるべきかどうかは人それぞれ」

というのが僕の意見です。

 

それぞれのメリット・デメリットを考慮した上で、新卒1年目で辞めるか判断しましょう。

 

新卒1年目で辞めるメリット・デメリットとは?

僕が感じる新卒1年目で会社を辞めるメリット・デメリットは以下の通りです。

 

メリット:より自分に合った職場に巡り会える可能性がある

新卒1年目の薬剤師がすぐ会社を辞めるメリットは、環境をガラッと変えられることでしょう。

 

これは新卒1年目ですぐ会社を辞めた薬剤師の友人たちが口をそろえて言っていました。

 

彼らは

「クソみたいな職場で3年も働くなら、すぐに辞めた方が良い」

という意見みたいです。

 

たしかに、これは一理ありますよね。

 

基本的に若い時期の時間ほど貴重なので、若い時ほど時間を有効活用できないかしっかり考えた方が良いです。

 

なので、仮に「この職場は本当にダメだわ。自分が働くメリットが1個もない。」という場合は、新卒1年目だろうがすぐに辞めた方が良い気がします

 

デメリット:給料が下がる可能性がある

経験が少ないまま会社を辞める場合、ちゃんとスキルが身につかないまま転職するわけです。

 

そのため、今もらっている給与よりも下がる可能性があります

 

もちろん、同じくらいの年収のまま転職できる可能性もありますが、下がる可能性もあるということはちゃんと頭の隅に置いておきましょう。

 

「どうしても年収は妥協できない」という場合は、転職コンサルタントに「年収◯◯◯万円以上の職場を紹介してください」みたいな感じで、ちゃんと伝えることをおすすめします。

 

入社後3年くらい働くメリット・デメリット

入社後3年くらい働くメリット・デメリットはこんな感じです。

 

メリット:状況が好転する可能性がある

入社後3年くらい働くメリットは、状況が好転する可能性があるということです。

 

例えば僕の話をすると、新卒で調剤併設型ドラッグストアに就職してOTC店舗に配属されました。

 

採用担当の人に「薬剤師はパンの発注とかやらせないから大丈夫」と言われていたのに、けっきょくその仕事をやることになってしまい、1年目で辞めようかなと思ったわけです。

 

でも、なんで辞めなかったかというと、調剤店舗への異動の話がきたからなんですよね。

 

「転職も面倒だし、とりあえず調剤の経験を積むか」という感じで、もうしばらく働くことにしたのです。

 

このように、新卒1年目で辞めずに働き続けていると、状況が好転する可能性もあります。

 

デメリット:3年経っても状況が変わらないかもしれない

一方で、3年経っても状況が変わらない可能性もあります。

これは、とんでもなくでかいデメリットですね。

 

先ほども書いた通り、若い時期は貴重です。

それにもかかわらず、3年経っても何も変わらないのは、かなりキツイと思います。(特にメンタル的に)

 

新卒1年目で辞めた僕の薬剤師の友人たちは、「何も変わらなかったらと思うと無理すぎる」と全員が言っていました。

 

「とりあえず3年は働こうか迷っている」という場合は、このリスクをちゃんと受け入れられるかちゃんと考えた方が良いでしょう。

 

すぐ辞めるのも正解だし、3年働き続けるのも正解

 

では、けっきょくどっちの方が良いのかというと、どっちの選択肢もありだと思います。

なぜかというと、キャリアに正解はないからです。

 

新卒1年目で辞めるのもメリット・デメリットがあるし、とりあえず3年働くのもメリット・デメリットがあります。

 

あえて言うのであれば、

「このデメリットだけは絶対に受け入れられない」

という選択肢を捨てるのが良いかなと。

 

「このデメリットは受け入れられない」という選択肢を捨てましょう

僕はこの記事で、

  • 新卒1年目で辞めるデメリットは給料が上がるかもしれないこと
  • とりあえず3年働くデメリットは若い時期が無駄になる可能性があること

と書きました。

 

おそらく人によっては、そのほかにも考えられるデメリットがいくつかあると思うんですよね。(例えば、人間関係が悪すぎてメンタル病むかもしれないとか)

 

そういったデメリットを考えて、「これだけは絶対に受け入れられない」という選択肢の方を捨てましょう

 

それが1番後悔が少ないし、生産的だと思います。

 

それでも迷うなら転職活動をしましょう

それでも迷う場合は、本当に転職するかは別として、とりあえず転職活動をしてみましょう。

 

理由は、今の職場を客観的にみられるから

 

転職活動すると、たくさんの職場を見学できるし、採用担当から直接会社の話を聞く機会に恵まれ、ます。

 

僕は転職活動するたびに思うのですが、色々な職場を知ると「意外と今までの職場って良い環境だったのかも」と思うことがけっこうあります。(もちろん逆もある)

 

これは転職活動しないと、分からないことです。

 

これは転職活動をして、比較対象を得られるからこそ気づけることなので、本当に迷っている場合は転職活動をしつつ、いろんな職場を見学してみるのがおすすめです。

 

良さそうな職場が見つかれば転職すれば良いし、今の職場はマシかもしれないと思ったらなら転職しなければ良いだけです。

 

ノーリスクで新卒1年目で辞めるか判断できます。

 

本当に新卒1年目の薬剤師が辞めても大丈夫かについて

最後に、新卒1年目の薬剤師が本当に辞めても大丈夫かについて。

仮に環境を変えるという選択をした場合、ちょっと心配ですよね。

 

結論から言うと、別に問題はありません。

先ほども書いた通り、僕には新卒1年目で辞めた薬剤師の友人が何人かいます。

 

なかには4月に入社して5月に辞めた人もいるのですが、彼ら(彼女ら)を見ていると別に1年目で辞めても全く問題ないですね。

 

転職できなかった薬剤師は1人もいませんし、今ではそれなりに経験を積んで、薬剤師として普通にお金も稼げています。

 

新卒1年目で辞めると、一般的には「えっ、まじでか」となりますが、新卒1年目で会社を辞めた経験者からすると「辞めてよかった」と思う人の方が多いみたいです。(僕の周りでは)

 

「履歴書が傷つく」というアドバイスは気にしなくて良い

一般的には「履歴書に傷がつく」とか言われたりするんですが、正直そこまで気にしなくて良いと思います。

 

僕も履歴書はボロボロな方ですが、今まで自分がどういうことをやってきたかちゃんと説明できれば特に問題ないです。

 

僕は転職するだけでなく、転職面接の担当もしたことがありますけど、短いスパンで会社を辞めていたとしても、受け答えさえしっかりしていれば採用していました。

 

新卒1年目で辞めるのなら、「少し自分の認識が甘くて〜」みたいに反省してる感じを出していれば、そこまで減点されることはない感と思います。

 

【例】

労働時間が長く、精神的・体力的にきつくなって転職することに決めました。

 

疲労のせいで、仕事の質も落ちてしまい、労働時間の長い環境では自分の能力を存分に発揮できませんでした。

 

少し社会に対する認識が甘かったと感じています。

 

逆に、「会社がクソすぎて〜」みたいな感じだと、マイナス評価なので注意しましょう。

 

職場選びに失敗した経験は次に活かせる

一度、職場選びに失敗していると、どんな職場が自分には合わないのか分かるので、2回目の職場選びは失敗しにくいです。

 

失敗した経験を次に活かすと考えればOK。

そういう風に考えるのが生産的かなと思います。

 

転職活動は面倒ですが、転職コンサルタントに相談すればそこまで負担とはならないので、転職を考えている場合は相談してみましょう。

 

まとめ

新卒1年目で転職するか、それとも3年働くかについてはどっちも正解です。

人によって最適解が違ってきます。

 

それぞれのメリット・デメリットを考慮した上で決めましょう。

 

どうすれば良いか分からない場合は、とりあえず転職活動しつつ、他の職場見学をしてみるのがおすすめです。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

タイトルとURLをコピーしました